石垣島生まれのスパイス

石垣島のスパイス

 

 

石垣島に行くと売ってあるのでわかりますが、
石垣で売れれている3つのスパイスとは・・
石垣の塩
ウコン
ピパーチ

 

どれもお土産コーナーに行くと2種類以上売ってあると思います。

 

私のお勧めは・・
石垣の塩ですね。

 

ちょっと荒めの塩で料理に使うと深みが出つといわれます。

 

私は、
ご飯を炊くときに少し入れたり
てんぷらを食べるときに使います。

 

ウコンは
スープに入れるといいですね。

 

ピパーチは
野菜炒めやコーヒーにも入れられます。

 

さて、3つの作られ方を紹介しておきましょう。

 

石垣の塩
・・の塩みたいに、外国の岩塩に地方のにがりが入ったものではないです。
石垣島から1.5キロメートル離れた海の深さ20メートルのところから海水がくみ上げられています。

 

この海水を3日間煮詰めて作られます。

 

ウコン
沖縄ではうっちんとよばれていますね。
栽培して1年経った秋ウコンを刈り取って洗い
根っこの部分をスライスして乾燥させて殺菌して粉にしたものです。

 

ピパーチ
ヒハツモドキという植物から作られます。
熟す前のオレンジの実を収穫して、蒸して柔らかくなったものを乾燥させます。
完全に乾いたら粉にして完成。